次世代燃料RPF 産業廃棄物からできている固形燃料。

世界中でエコロジーが叫ばれるなか、いったい私たちはこれからどのように大量に出される産業廃棄物を再利用すればいいのでしょうか。

産業廃棄物の処理

RPFを作るためには原料となる産業廃棄物の処理が必要となります。

原料は古紙やプラスティックなどのために、原料によって粉砕する機器を使い分ける必要があります。

そのために、数種類のタイプがあり、ポリ容器やトレー、木材などによって一軸方式と二軸方式とがあります。

また、アスファルトやガラス素材などの固いものを粉砕するために使用される、ハンマー方式といったようなものもあります。

対象物により刃物の材質を選択して粉砕したり、粉砕方法を変えたりしているのです。