次世代燃料RPF 産業廃棄物からできている固形燃料。

世界中でエコロジーが叫ばれるなか、いったい私たちはこれからどのように大量に出される産業廃棄物を再利用すればいいのでしょうか。

RPFは減容機で成形

廃プラスチック類や紙類が原料となっているRPFですが、原料を破砕機刃物により破砕し、その後は減容器で密度が高く貯蔵性の優れた燃料RPFが作られるのです。

原料が廃プラスチックや古紙などのため、品質が安定しており原料も豊富にあることから、安定して提供が見込めることが注目される理由ではないでしょうか。

減容機で固形燃料を作っているときも原料に不純物が少ないため、燃焼してもダイオキシンの発生がほとんど発生しないため、安全性も確保できるのも嬉しい限りではないでしょうか。

いくら、保存性に優れており、原料がリサイクル資源だとしても、ダイオキシンなどが発生してしまっては、使用することができません。