次世代燃料RPF 産業廃棄物からできている固形燃料。

世界中でエコロジーが叫ばれるなか、いったい私たちはこれからどのように大量に出される産業廃棄物を再利用すればいいのでしょうか。

次世代燃料RPF

RPFという言葉を最近は耳にする機会が増えてきました。しかしながら、まだまだ知らない人も多いのが現状です。

RPFとは Refuse Paper & Plastic Fuel の略で、マテリアルリサイクルができない産業廃棄物からできている高カロリーの固形燃料なのです。

産業系廃棄物を原料としているため、エコの観点からも注目が集まっており、主に古紙やプラスチックなどので作られています。

RPFのメリットは熱量のコントロールが可能で産業廃棄物を利用しているにもかかわらず、品質が安定していることが大きなメリットではないでしょうか。

また、RPFは固形なため、貯蔵特性にも優れていますので、他の燃料と比較しても管理がしやすいため、今後の経済の発展のためにも役立つエネルギー源ではないでしょうか。