次世代燃料RPF 産業廃棄物からできている固形燃料。

世界中でエコロジーが叫ばれるなか、いったい私たちはこれからどのように大量に出される産業廃棄物を再利用すればいいのでしょうか。

産業廃棄物を再利用

世界中でエコロジーが叫ばれるなか、いったい私たちはこれからどのように大量に出される産業廃棄物を再利用すればいいのでしょうか。

色々な方法が世界で考えだされている中、RPFもこれからのエコを考えていくうえで大切な環境に優しい燃料だといえるのではないでしょうか。

RPFは民間企業などから、排出された廃プラスチック類や紙類を原料としているため、原材料も安定して確保することができ資源の再利用をおこなえる、新しい固形燃料です。

原材料を細かく粉砕機でくだき、減容機で固形燃料として生成されます。

この新しいエコ技術はこれからの資源の有効活用を考える上でも、非常に重要な役割を果たしていくのではないでしょうか。

水をきれいにしてくれる散気管

飲食店では排水が大量に発生する事になります。一般家庭でも排水は発生しますが、飲食店などでは一般家庭と比較にならないほどたくさんの排水が発生する事もあります。そこで、そのまま排水するのではなく、水をきれいにしてくれる散気管を利用しているお店もあります。

油などが混じっている水であっても散気管は処理してくれます。散気管を取り入れると費用がかかるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際には清掃費用などを軽減する事につながり、経済的と感じられる事もある様です。

散気管においてコストがネックと感じているお店もあるかと思いますが、経済的なのであれば、ぜひ積極的に散気管の導入を考えたいですね。